2014年5月10日(土)

昨日早めに寝たせいか、7時頃目が覚めて寝られなくなったので、思い切って出かけることに。
そうです、クロナッツの本家ドミニク・アンセル・ベーカリーへ、いざ。
8時半に到着した時にこの行列でした。一応、まだ売り切れてはいない様子。
黄色いひさしの出ているところがお店の位置で、お隣のワインショップの向こう側に注意事項を書いた看板が出ていて、そこから並ぶようになっています。
私が行った時はちょうど次の角のところまで列が続いていました。おそらく100人はいないだろうと思ったし、ここまで来たら並ぶしかないでしょ。
多分、並んでいる人達の分は作りながらさばいているんでしょう、10人ぐらいずつ呼ばれてはしばらく待ち、、、を繰り返し、結局1時間半待ちました。
ちょうど目の前で切られて自分が列の先頭になったので、看板に書いてあることをちょっと読んでみたら、朝は5時半から並ぶことができるようです(笑)。
そして、お1人様2個まで。一月に1フレーバーだけ作っている、ということのようです。選択肢なし。
私がゲットできたのは10時頃。行列嫌いな私が、よくぞ頑張った。

帰ろうとしたら、なんとSpring St.駅のC・Eラインはダウンタウン行きが今日は走ってない。
仕方なく、6ラインまで歩くついでにディーン&デルーカに寄って、それからアイリーンズ・スペシャル・チーズケーキで塩キャラメルのチーズケーキも買ってから帰りました。
計画性足らず甘いものだらけになっちゃいましたが、もう残りの日にちも少ないので。

そして、こちらがうわさのクロナッツ。
日本で先日食べたのとは違い(←デニッシュっぽかった)、ちゃんと生地がクロワッサンで、歯ざわりが良くておいしかったです。
ただ、中にも挟まってたブルーベリーとヨーグルトのソースが、かじるとはみ出してくるのと、周りについている砂糖と、揚げてあるため油分で手がベタベタになるので、非常に食べにくかったです。
甘すぎることはなかったけど、胃にずっしりくるし。
1時間半並ぶ代物かっていうとどうだろう?って気もするし、もう一度並ぶかって言われたら多分並ばないけど、行列をクリアして手に入れた達成感は大きかったので、一度試してみるのはアリだと思う。
ただし、スイーツ好きじゃなきゃやめといたほうがいいかも、って感じ。
とりあえず、早く起きた分を取り戻すべく、ちょっと仮眠。
で、出かける前にチーズケーキも食べちゃって(こっちの方が好みです)、ホーボーケンへ。

Fulton St.駅は、自分のいつもの動線だとA・Cラインに乗る時は階段降りて右側がアップタウン行き、2・3ラインは階段降りて左側がアップタウン行きになるんですが、2・3ラインでちょうど電車が来た音がして、階段駆け降りて反射的に飛び乗ったのが右側だったので、ダウンタウン行きでした。
久々にやってしまった。
まぁ、2・3ラインはマンハッタン内にもう1つ駅があるからブルックリン連れて行かれずに済んだし、すぐにアップタウン行きが来たので、結果同じ電車だったかもしれませんが。
なんとか、ホスト演奏中に到着して、最後の3曲で混ぜてもらいました。
到着直後、外は大雨。先週もにわか雨あったな。こっちの天気は結構変わりやすい、、、気がする。
Paulさんが何か食べるか聞いてくれたので、お言葉に甘えてフレンチフライを頼んでもらって、一緒に食べることに。甘いものばっかりだったのもあるけど、ポテトがめちゃおいしく感じました。
っつか、ここのポテトかなりおいしい。食べだすと止まらない感じです。
私らのテーブルにポテトがあるのをみつけて、RKが通り過ぎるたびにつまみ食いしていきました。ほんとお茶目な人。
今日も、ジャムは好きな時に入れと言われ、適当に見計らって入って、3曲ほどやらせていただきました。
まぁ、ここはみんなに会いに来てるようなものだから、いいっちゃいいんですけどね。。。
本日は拉致なし、最後までいられたので、ホスト陣が片付けるのも待って、Paulさんの車でHoboken駅まで乗せてもらって、JimmyさんとRKと一緒にパストレインで帰りました。2人はマンハッタン内に住んでいるようです。
車中で、クロナッツを並んでゲットした話をしてみました。
皆さんご年配なので甘いものには興味ないんでしょう、クロナッツを知らないようで。また並ぶ気はあるか聞かれたので「No」と言っておきました。それで一同納得。
そして、車を降りた後は、今日のジャムの誰がよかったとか、逆にあんまりよくなかった点とか話してました。国は変われどジャム後に話すことは一緒なのね。

その後は1人でハーレムへ。
Londel'sというレストランで、けいじさんの出るギグがあるということで。
けいじさんもどちらかというとサポートメンバーとして呼ばれてて、リーダーは他の人、基本ジャズが多い、みたいな話でした。
ハーレムにまだ行けていなかったので行きたかったし、ソウルフードも食べたかったし、初めての場所だからとりあえず様子見ってことで。
到着したのは2ステージ目がちょうど終わったところ。
けいじさんがバンドメンバーに一応紹介してくれて、飛入りもありそうな感じで話していたんですけどね。
ピアニカの音ちょっと聞いてもらうくらいの営業すればよかったかな。。。

まずはお腹すいちゃったんで、ご飯。
フライドチキンと、ベイクドポテト、ブラウンライス、あとクランベリージュースを注文。パンは勝手についてきます。
これ、めちゃおいしかった。
ただ、ポテトがちょっともそもそするのと量が多くて食べきれなかったですが。
一応3ステージの途中で食べ終わっていたので、呼ばれてもいいようにスタンバイはしていたんですが。どうも、終わりの時間がキッチリ決まっているみたいで、曲の途中で催促入ってて、結局時間切れで飛入りする時間はありませんでした。
おそらくメンバーの人達は、ピアニカの音聞いたことないと思うので、曲にマッチするイメージ湧かなかったんだろうな、という気もしなくはないです。
そして、演奏も結構ゆるかったので、、、まぁ、いいかな。
しかし、演奏すればチップで稼げるというのは、ほんと羨ましい環境です。それにこういうレストランが山ほどあるし。
帰りはけいじさんと途中まで一緒に帰りました。ハーレムはやっぱり遅い時間1人で歩くのはちょっとね。駅まで5ブロックあるし。

家に帰ったら、また誰もいませんでした。
さすがにもう締め出しではないと思うけど。。。
本日はまた遅かったので4時頃就寝。