2015年5月9日(土)

10時半頃起きたものの、かなりお疲れモード。
昨日ポートオーソリティ構内にあるVillaというイタリアンのファストフードのお店で、お気に入りのガーリックロールを買ってあったのでそれを朝ご飯として食べましたが、お腹の調子もいまいち。
ここでダウンするのは嫌なので、観光的なことは諦め、仮眠を取ることに。
途中Paulさんからの電話で起きましたが、それがなかったらやばかった。爆睡してました。
15時半過ぎにホーボーケンに向けて出発。
なぜか、Washington St.歩いてると消防車に遭遇することがたびたびあります。土曜日の夕方は火事が多いのか?

1時間くらい遅刻になったのでホストの回には参加できませんでしたが、先週会えなかった人達に結構会えました。
昨年は事故後の大怪我で来られなかったボーカルのKevinもすっかり元気になってました。よかった。
ホストドラムのRussさんと待ち時間におしゃべりして、今日は奥様がアートをほどこしたご自慢のドラムセットを持ち込んでいたそうです(写真がそれ)。
奥様は芸術家らしい。
本日も2セット参加。Gregoさんが自前でアンプ持ってきてて、こっちのほうがいいから、と貸してくれました。
いつもあんまり聞こえてないのを気にしてくれてるようで。
でも、やった曲のほうが展開が読めないコード&小節数の曲があったり、苦手なスローブルースだったりと、せっかく配慮してもらったのに思い切り吹けない感じでした。。。

今日はこの後ウエストオレンジに行くため、最後までは参加できず。
大急ぎで片付けて、まだ演奏が続く中、挨拶もそこそこな感じで抜け出しました。
それでも、Paulさんの車に乗り込む際、数人からお見送りを受けました。ここでのお別れはほんと辛いです。
ホーボーケンは人が温かい。街並も、のどかだけどさびれてなくて綺麗だし。
隔週土曜のSuzy Que'sのギグは今も続いているようで、2週間滞在すれば1回は来れるという。
このお店の外観、結構好きです。

それに料理もなかなかおいしいです。
さすがにガッツリな肉系はまだ食べたことないんですが(いつか食べてみたい)、2年前にも食べたこのナチョス、最高です。
前より量増えた?
朝のガーリックロール1個の後、何も食べてなかったので、お腹はペコペコだったんですが、頑張ったけど完食はできませんでした。
っつか大勢で取り分ける用ですよね、これ。
ソフトドリンク(これはピンクレモネード)はでっかいビンで出てきますが、これは1人分だと思います。
質より量な感じが写真から伝わってきますが、ここの食事は結構質も良し、です。

本日はギターが再びDuane、ドラムはKevin。
ほんとは3ステージなんだけど、私はニュージャージー側に終電があるので、2ステージまで。
ホーボーケンからわざわざGregoさんともう1人(お名前わからず)移動して観に来てくれました。
『Mr. Magic』と前回もやったジャズ系の小難しいコード進行の曲(曲名忘れた)をインストでやった後、Toniaの歌。
『Ain't Nobody』『On&On』『Tyrone』などなど。その他、何回もやってるけど曲名わかってないのが多い。(譜面台の資料はDuaneの物。)
来年は先にやる曲聞いといて予習しようかな。。。っつかもっと早くそうすればよかった(笑)。

今日は私の他にも飛入りの人がいて、彼女が歌ってる動画(曲は『Moondance』)がアップされてました。
Mariaさんっていうんですね。
ピアニカソロ気に入っていただけたようで、終了後声かけていただきました。
改めてこういうシーンを見ると、音楽の根付き方の違いを実感します。
日本にも、こういう場がもっと増えればいいのになぁ。。。
音楽が、ミュージシャンのためにやってるのではないこの感じ。
やってる側と聴いてる側の距離感が近くて、お互い構えてないよなぁ、とも思います。
言葉通じなくてもなんとなく感じるし、その場で聴きながら合わせてますが、こういう場所で緊張することはまずないです。
腕を試されてる気がしないからでしょうか。。。
しかしさすがに、2ステージフルでピアニカ吹きっぱなしというのは結構ハードでした。
のどが乾くのと、支えている左腕が非常に疲れます。
あ、写真も動画もKevinが撮ってくれました。
こういうまめな人がいると記録が残るので助かります。
https://www.youtube.com/watch?v=wABWhY9LTnM&sns=fb

さて、そのまめで親切なKevinにお願いして、今回もまたHighland Avenue駅まで車で送っていただいちゃいました。
今回は事前にNJトランジットの時刻表を入手しておりました。昨年と同じ、0:01が終電。
電車が来るまでの間、話に夢中になっちゃって、つい無人駅の光景を撮るのをまたもや忘れてしまいました。
電車が到着して慌てて撮ったので完全ブレてるし、段差のないホームの感じも伝わらないですが、私以外誰も乗り降りする人がいなかったのはわかっていただけるかと。。。
確か昨年も乗っちゃってから車内で切符買ったんですが、回ってきた車掌さんに「チケットは?」と聞かれました。ほんとは券売機あるみたいです。
どこからでもホームに入れちゃうので、全く気づきませんでしたが。
とりあえず車内で自己申告で切符買うことはできました。
来年は券売機を探すことと、無人駅の写真を撮ることが課題だな。

やはりニュージャージーからブルックリンへの夜中の移動は時間がかかります。
本日は2時頃帰宅、4時頃就寝と相成りました。