2015年5月7日(木)

再びGrand CentralでYAZ BAND。お昼からのうえに洗濯もしなきゃいけない日だったので、朝8時半に起床。よくできました。
11時半前には出発しましたが、この家の人達は私と同じ夜型生活なので、さすがにみんなまだ寝てました。

本日も同じメンバー、3ステージ目の途中で飛入り。『Mr. Magic』と『Messin' With The Kid』をやらせていただきました。
そういえば、途中でMTAの職員らしき人がなんの権限があるのか知りませんが、音量の苦情かなんか言いに来て、ちょっと中断させられた時間がありました。
たまにあるらしいです。個人的な意見?
とはいえ、ちゃんと許可得てやってるんですから。

終了後は駅構内のShake Shackへ。食べたことない新しいメニュー、ShackMeister Burgerというのがあったのでそれにしてみました。
おいしいけど結構油っこかったです。ポテト頼まなくてよかった。。。
ドリンクはいつものオーガニックアップルジュース頼んだんですが、実は注文後レシート見たら水を頼んだことになっていて金額も間違ってたので、レジに言いに行って返金してもらいました。
なんでレシート見たかって言うと、注文の時に寄付がどうたらって言われて、細かいことは聞き取れなかったんですが、まぁ断るのもなんだしってことで了解したので、なんだったろうと思ってレシート見たんですね。
飢餓の子供達をなくそうというものだったようですが、$2料金に上乗せになってました。で、その上にWaterと印字されてたので「ん?」となったわけです。水が$2.35、アップルジュースより高いって、、、どんだけ?

さて、夜の予定まで時間がたっぷりあるので、ブルックリンのBedford Ave.へ。
まずはかわいらしいキッチン雑貨のお店、Whiskをのぞきに行きました。
外観も素敵ですが、中も大好きな雰囲気。エプロンとか布巾とか、お土産にできそうなものもたくさん。
ちょうど母の日も近いってことで、地元の人ならプレゼント選んだりできそうだな、って感じでした。
ちょっと悩みましたが、こういうのってたくさん並んでると超素敵なんですが、1つって意外と見栄えしなかったりするんで(物によっては持って帰る時かさばるし)、目の保養でとどめておきました。

次なるお目当ては日本上陸で話題沸騰だったブルー・ボトル・コーヒーですが、移動がてら街を散策。
ブルックリンに泊まるって決まった時から、絶対本家に行ってみようと思っていたのでした。
Whiskからは1ブロック強しか離れてなかったし。
ブルックリンは、あまりお店と民家が通りによって住み分けられている感じではなく、この辺りはBedford Ave.が賑わってる以外、街並がわりと閑静で落ち着いた雰囲気です。
ちょっと歩いている間にも、かわいいお家がチラホラあったり。
多分これは民家ですが、大好きなアメリカンカントリーまんまのお家だったので思わず写真撮っちゃいました。こんなお家に住んでみたい!

ブルー・ボトル・コーヒーの店構えはこんな感じです。奥に工場?もあって倉庫っぽい雰囲気。レンガが趣きあります。
いい物件みつけましたね、、、そんな感じ。
日本1号店は行列で大変なことになってたようですが、現地は普通に近隣の人達の憩いの場所、そんな感じでした。
皆さん読書したり友人とおしゃべりしたりして長居してる感じだし。
席も余裕ですいてたし、注文も並ぶことなく。
むしろどこにでもあるスタバよりすいてる(笑)。

今日はちょっと暑いくらいの陽気なのでニューオリンズアイスコーヒーなるメニューを注文。カップにロゴがプリントしてあってかわいらしい〜。
香りがとっても好みな感じでわりと濃いめで、おいしかったです。まぁ、この量で$4.35なので、スタバよりはちょっとだけお高め。
カウンターにはロゴの入った袋のコーヒー豆が売ってたりして、店内の棚にはトートバッグやコーヒーメーカーなんかも展示して販売してました。
家族にお土産でコーヒー豆を(果してミルなんて持ってるかどうかわかんないけどという無責任さ)、自分用にバッグ買っちゃいました。最近はディーン&デルーカもめずらしくなくなってきちゃったので。

18時くらいには移動。でも集合時間はイーストビレッジに19時半なので、その前にユニオンスクエアに寄り道。
もう1軒、ストライクゾーンの雑貨屋さんFishs Eddyへ。
まぁここも、目の保養で終わってしまうことが多いんですが。
住んでるなら、食器とか買いたいですけどね。
とくにお土産にできそうなものもみつからず、続いてバーンズ&ノーブルものぞきに。
ほんとはここまで来たらマックス・ブレナーも寄りたかったんですが、時間が足りなかったのと、今回のテーマは“ブルックリンのチョコレート巡り”だったので、たしか本家イスラエルだし、断念しました。

そして今回二度目となるCaravan Of Dreamsへ。
本日は一応お仕事として。
予めやれそうな曲リストは送っておいたので、けいじさんと軽く打ち合わせて、あとはやりながら。
途中で日本人女性ボーカルのYakoさんがお嬢さんと一緒にご飯食べに来て、飛入りで数曲歌ってくれました。
こっちで敢えて日本語で歌ったりしているそうで、『見上げてごらん夜の星を』とかやりました。
私は曲によってピアノ弾いたり、ピアニカ吹いたり。
ほぼ入れ替わりで遅い時間にはギタリストが来てくれて、楽器3人になったので、なんとか無事に3ステージ(ボリューム的には2ステージとちょっと)、レストランギグを乗り切りました。

お楽しみの賄い、今度こそ写真撮りました。
パエリャにブリトーにタコス。(これを1人で食べたんじゃなくて、3人でシェアしました。)
意外とスパイシーな味のものが多くて、どれもおいしかったです。お腹いっぱいになりました。
帰り、ギタリストと一緒に途中まで帰ったんですが、彼女が日本人(知ってる人だった!)で日本語もちょっとわかるうえに、なんとJBバンドのベーシストFred Thomasの現在のバンドでギター弾いてるらしく。
運良く明日ギグがあるから遊びに来ないかという話になり。それもブルックリンで。そりゃ絶対行きます。
今回は、情報現地調達からのサプライズ、このテのパターン増えてます。今までの種まきがあったればこそと思いますが。

お店を出たのは0時頃でしたが、6ライン、4ライン、シャトルそれぞれ乗り換えに10〜15分待ち時間があり、、、
帰宅したら完全夜型のリンちゃんがまだ起きてて、風呂入るの待ってたりしたので、本日は3時半過ぎの就寝。我ながらすごい体力。