2012年5月10日(木)

4人部屋にベッドが移動になって落ち着かないせいもありますが、昨日から来た地下の2人・・・
時差ぼけで眠れないのはわかるけど、真夜中に突然掃除始めて、ドッタンバッタンうるさいわ、話し声は大きいわ、ほとんど眠れませんでした。
アパートの部屋の中、扉で仕切られてるのはバスルームだけなので、全部筒抜けなんですよ。
みんな同じだったらしく、これが次の日もうるさかったんで、たまらず誰かが注意してくれたっぽい。なのにその後、近所からもクレームまで入って、管理人さんが地下に下りる階段に貼紙までして、それでもなかなかうるさいのは直りませんでした。
実際、次の日から耳栓して寝るのが日課になっちゃったし(そんなことしたことなかったのに)。
関西のギャルって感じでしたが、中身のない会話でも声だけは大きくて。毎日1時間以上かけて支度して、髪型がどうとか着ていく服がどうとか、そんなんばっかり。わざわざニューヨークまで何しに来てるんでしょかね。
時々すっぴんみかけましたが、どっちがどっちに変身・・・いやいや、どっちでもいいんですが、配慮と常識ない人だけはほんと勘弁。

それでも頑張って10時頃起床、12時半過ぎには出かけました。
15時からのYAZ BANDのギグの前に、チェルシー・マーケットへ。
バスで8Ave.まで行ってからA・C・Eラインを待ったんですが、思ったよりなかなか電車が来ませんでした。帰りはLラインにしよう。
ここに来ると、お土産探しが本気モードになります。今年は職場異動したことで、チームの人数も多くなり、16人分買っていかなきゃならない。
お手頃価格で数こなせるものはないかな、、、とエレニーズのクッキーを物色。だいたいどれもお高いんですが、1箱に9枚くらい入ったピンクシュガー(鮮やかなピンクでビックリ)というクッキーが$5.95。 2箱買って$12くらい、数もちょうどなので、これにしました。後日談ですが、かなりおいしかったです。また食べたい。

そしてもちろん、ファット・ウィッチ・ベーカリーも立ち寄ります。
今年はお店のレイアウトとディスプレイが変わって、よりオシャレでかわいい感じになってました。
グッズの種類も増えてたみたいだし、お土産向けのパッケージのラインアップもちょっと変更になってました。
でも私は、職場のスペシャルサンクス用(笑)と自分用にバラのを数個だけゲット。

あと、昨年は自分用を買わなかったサラベスのジャムとか、ドライフルーツ&ナッツのお店でリンゴチップなんかをゲットし、その他のお店も一通り見てたら、あっという間に15時近く。

急いでLライン→4ラインでGrand Central-42St.駅へ向かいましたが、20分くらい遅れて到着。ギグは始まっちゃってました。 今日が最後なのにー。
本日はキーボードがEric、ベースがRobb、ドラムが初めて見る知らない人でした。お名前もわからず。。。
そして、その隣にいるのは、メンバーの子供、、、ではなく(笑)。
この子、今回Grand Centralの時よく見に来てました。ドラムやってるらしく、スティック持ち歩いてましたよ。
毎回こうやって、熱心にドラムの人をよく見てたりしてました。
なんか、微笑ましいですよね。と同時に、日本の子供はこんなに自立心あるかしら?と感心もしました。

休憩時間、今日は思い切ってフードコートのチャオベラへ。
明日はまたゆっくりソーホー方面に行く予定にしてるけど、たまには別のものにもチャレンジしようかと思っているので。
今回はココナッツを食べてみました。税込みで$4しなかった。こっちのほうが安い?いや、量が少ないのかな。
この写真を撮った瞬間、お兄さんが料金が発生するようなこと言うから、「うわ、断ってから撮ればよかった」と思ってたじろいでたら、「冗談だよ、そんな怖がらないで」って言われました。
そんなにビックリしたような顔してたんかな。

さて、セカンドの頭ですが、今日は私の他にも、てつやさんとなおきさんが観に来ていました。
3人まとめて飛入り、初の総入れ替え。
まぁ、飛入りっていっても私以外はいつもやってるメンバーですけどね。『Let's Stay Together』をやらせていただきました。
写真はEric撮影。

ギグ終了後、それまでも私がいつまでいるのか時々聞いてきてたRobbとEricが、別れを察して「That's it?」って聞いてきました。
今までこの表現知らなかったんですが、「これで最後?」って言ってることがわかりました。ほんとに涙が出そうでヤバかった。いや、出かかってたかも。
Terryはあれから顔見れば「引っ越しておいで」って言ってましたが、今日は一段と真面目な顔して、「何かあれば力になるから、僕の言ったこと真剣に考えて」と言われました。
かなり心が揺さぶられますね、参ったな。
そして最後に、片付けしながらのYazさんともお話しました。顔は私笑ってたと思いますけど、楽しかったぶん、お別れも辛いもんだなーとつくづく感じてました。
今回、なんだかんだで日程の半分はYAZ BANDを観てたことになります。ほんとにお世話になりました。事実上追っかけですみません。ま、滞在中だけなので許してください。

一旦宿に戻り、最後のカレーで夕食。
タイカレー、結構辛くて、最後まで食べるのが大変でした。時間かかっちゃった。
てつやさん情報で、明日の夜中にまたガイのギグがあるので、行けるなら連絡入れておいたほうがいいよと言われていたんですが、なぜかネットつながらず。
そういえば、1階の部屋になってから、どうも接続しにくくなったような。。。
とりあえずこの場は諦めて、アッパーウエスト方面へ。

昨年行けなかったAmerican Legion Postのセッションは、日曜日の午後だけになってしまったようなので、本日はSugar Barへ行ってみることに。
Sugar Barそのものは何度か足を運んでいますが、オープンマイクに行くのは実に5年ぶりです。
行くからには、前回の二の舞にならないよう、なんとか演奏してこないとね。
お店の外観、こんな感じだったっけ?と思って調べてみたら、、、アシュフォードさん、昨年お亡くなりになってたんですね。。。知りませんでした。非常に残念です。ご冥福をお祈りいたします。

21時には到着して、受付のお姉さんに楽器で参加したい旨を伝える。どうも、席に関しては普通に観に来ただけのお客さんが優先みたいで、一番後ろの窓際の席に案内されました。
まぁ、前回の奥の部屋よりはいいですが。
結局、始まったのは22時くらいなんですが、ものすごい混んできて、立見客で通路は通りづらいし、ステージは全く見えないし。
バーのところにモニター画面があったので、それで見るしかありませんでした。こんな感じ。
で、早く来てたにもかかわらず、注文さえ取りに来ないほど完全放置状態だったので、受付のお姉さんにもう一度、sit inするにはどうしたらいいか聞いてみたら、司会の人に言いに行くとのこと。
いつぞやのVillage Undergroundを思い出しますね。常連じゃないから、誰が司会かわかんないし。
マイク持ってるのがその人だったんですが、sit inしたい旨伝えると、sit inはなし、「yourself」って言われた。
そして、私の名前をどうしても聞き取れないから、私が代わりに書いたらそれが気に入らなかったのか、アジア人が嫌いなのか、楽器が入ることが嫌なのかわかりませんが、その後すごい扱いを受けました。
まず一部では呼ばれず。二部になっても、どう考えても自分より後に来た人のほうが先に呼ばれてるし、sit inはなしって言ったくせに、以前Bitter Endでお会いした全盲のピアニストさんにはしっかり鍵盤交代で出番作ってるし(まぁ、彼は歌いながらですが。それに、私の他にギターの人いたんですが、最後まで出さなかったから、楽器のみがお呼びでないのかも)。
私の名前聞き取れなかったくらいだから、間違って呼んで、私が気づかずに飛ばされたとかもあるかも?と思い、呼ばれたかどうか聞きに行ったら、明らかに嫌な顔された。
びっくりしましたよ、初めて会う客にホストがそんな表情しちゃうんだ。えーと、私何かしましたっけ?
というのも、もう1人日本人がいて、男性ボーカルですが(月曜日にBitter Endでも歌ってました)、彼も後回しにされてる感があったんでしょうね、確認しに行ってる姿を見てたので。
どうも差別されてる気がしてならなかった。嫌がらせだろうがなんだろうが、呼ばれるまでいて、見返してやるー。
結局彼も最後のほうに呼ばれ、私はなんと一番最後でした。21時に来てたのに、1時半とかですよ。しかも、私の名前を呼んだのはヤツではなく、他の常連にマイク渡して呼ばせてました。えーっ?子供か!?
やったのは『Feel Like Makin' Love』、結局バンドを巻き込んでやるにはやったし、コーラス隊はコーラスつけてくれたし、残っててくれたお客さんや、他の人種差別しない常連さんの反応だって悪くなかったんですが、もうどうでもよかったです。
バカにするな、二度と来るか、って感じですね。$10も取ってるくせに。

実は扱いがひどかったのは司会者だけじゃなくて、お店の人も(席に案内した人じゃなくて別の人)、私が参加するだけだってわかったら、テーブル使うから席空けてって言われて、後から来た人のためにどかされたので(日本じゃ考えられん)、二部の途中からずっと立ちっぱだったんですよね。
いろいろ頭にきてたので、今回はドリンクも最後まで頼まず帰りました。
歌いに来てる人達上手い人たくさんいるし、曲も好きな曲いっぱい聴けるので(『Ribbon In The Sky』とか、『I Want You』なんてやってました)、完全にリスナーとして来れば楽しいんでしょうけどね。ま、私はもう行きませんが。

結構な時間でしたが、節約のため地下鉄で帰りました。
さすがに真夜中はバスも走ってないので、歩いて帰る途中、ストレス解消のためピザ買っていきました。おいしかった。満足(単純なヤツ)。
やっぱりネットはまだつながらず。いろいろ連絡取りたいのになぁ。
結局、寝たのは4時頃だったんですが、ちょうど眠りに落ちた頃、、、電話が鳴って、半分寝ぼけながら応対していたのを覚えています。
日本から、来月のセッションホストのトラの打診でした。ありがたや。
ま、嫌なことばっかりは続かないってことで。頭切り替えていきましょう。