2011年5月3日(火)

昨日遅かったにもかかわらず、頑張って9時頃起床。
本日はYazさんの地下鉄ギグがお昼からあるからです。
昨日「Hello」とだけ挨拶を交わした人は今日帰国のようで、朝早く部屋を出て行きました。結局どこの人かはわからず。。。
実は、ベッドの配置が、2段ベッドが1つにシングルが2つという4人部屋だったんですが、私は来た時のタイミングで2段ベッドの上でした。
荷物を整理したりする時はやや不便でしたが、落ち着いて寝れる場所でした。夜中にごそごそして午前中いっぱい爆睡、みたいな生活の自分にはちょうどよかった。
なので、下の段で寝てた人が、1人帰ったとたんにシングルのほうに移っていいかどうか聞いてきましたが、「どうぞどうぞ」という感じでした。
そしてその彼女らも午前中から出かけるようで、結構早めに出て行ったので、周りを気にせず朝風呂できました。
ワンルームなので、そのあたりは今回臨機応変にやらないとね。

お昼ちょっと過ぎちゃいましたが、Grand Central-42St.駅に到着。
すでに演奏は始まっていました。
キーボードがEric、ベースがてつやさん、ドラムが今回見るのが初めてだったPatrick。
『All I Do』『Rock With You』『Between The Sheets』『I Can't Help It』と、大好きな曲がたくさん聴けて嬉しかったです。
つっちーにもこのギグ情報を知らせておいたので、後から合流しました。さらに夜のKenny'sにも誘ったので、すっかり私のペースに巻き込んでしまい、、、申し訳ない。
1時間半くらい演奏した後休憩して2ステージなんですが、さすがに約3時間通しで聴いてるのは私くらいなものでした。ずっと立ちっぱなしなので、意外に体力いるし。
でもね、ここだけの話、Yazさんから新しい○○いただいてしまいました。追っかけの特権?
別れ際、てつやさんとEricには、Kenny'sのジャムでまた会えるかもしれないことがわかりました。

今回、行動拠点は1ラインとRラインだったのですが、Grand Centralに行く機会が結構多く、シャトルが非常に便利であることに気づきました。夜中は走ってないみたいですけどね。(来る時はなんか勘違いしてて1ラインから歩いてしまった。。。)
で、Yazさんのギグの後、駅のフードコードで遅いお昼ご飯を食べ(2日目にしてもう寿司に逃げる)、その後シャトルで1ラインに戻り、アップタウンへ。
目的地はBeacon Theatreです。5日この日だけグラディス・ナイトのライブがあることを事前に知ったので。
日本からチケット取ろうとしたんですが上手くいかず、現地の窓口での購入に挑戦することにしたのでした。
私以外にもチケット購入に来ている人達が数人いて、英語通じなくて待たせちゃったりしたら嫌だな〜と思いつつ、5日のグラディス・ナイトのチケットが欲しい旨を伝えました。
最初、$100以上の金額を言われたので、この数日の間に一番安いのが完売してしまったのかと思ったんですが、試しにもっと安いのはないか聞いてみたら、1人かって聞かれて、それなら$65のがあるということでした。
もちろん即買いでした。わーい、自分でチケット取っちゃった。

16時頃には一旦宿に戻り、早起きした分の仮眠。
そして20時頃には起きて、ご飯の買出しに。昨日も行った近所のお店でツナサラダのピタサンドを作ってもらって、テイクアウトしました。
思ってたよりボリュームがあって、2つに切り分けてあった、その1個分で充分でした。ずっと同じ味だと飽きるし。
どうやらルームメイトは、昼間出かけている間に1人また新しい人が入ってきてたようです。(やっぱり韓国人。)
私が出かけるまでの間に続々帰ってきたので、ちょっとお話しました。『カバン』は韓国語でも『カバン』って言うんですね。
そして、今日も遅くなる旨を伝えて出かける。

夜はKenny's CastawaysでJasonのジャム。
そしてここでまた、つっちーと合流。
一緒の回に呼ばれて、『Long Train Running』ともう1曲、スローの知らない曲をやりました。
私はさらに居残りで3〜4曲やらせていただきました。
Jasonのジャムはいつも、お客さんが少なくなってきてホスト陣以外の人がステージを占める時間帯になると、中だるみ(失礼!)的になるんですが、やっぱり私達も知らない曲多かったりするし、聴いてるだけではだんだん飽きてきて、2時頃には「そろそろ帰ろうか」って話になりました。
最後までいれば、まだ会えていない人達にも会える可能性が残ってはいるんですが。
帰ろうと決めた直後、Chuckyが来てるのに気がつきました。Chuckyは明日からドイツに行くそうです。その前に会えてよかった。
そして、てつやさんとEricも今頃到着。あらら。。。
帰るつもりでお店の外に出ると、ともさんやらJasonやら、ホストと日本人を中心に10人近く、外でたむろしてました。
ちょっとみんなと話し始めたら、これが意外と楽しくて、なんだかんだいって結局3時頃までそこにいました。
中のセッションも再び盛り上がってる様子でした。やっぱりさっきのは中だるみ。。。(笑)
今日は新たに3人の日本人の方と知り合いました。2人は観光のようでしたが、1人は長く住んでる方で、ハーレムのセッション情報を教えていただきました。
あと、日本人と会話してるかと思うくらい日本語ペラペラなArthurが、日本人の輪の中に溶け込んでしゃべってたのが、違和感あっておもしろかったです。

さんざん外でしゃべった後、つっちーと地下鉄で途中まで一緒に帰りました。
またまた3時過ぎに帰宅、みんな寝てて真っ暗だったので、必要最低限のことだけ済ませて就寝。
つっちーとは、この後予定の合う日がもうないので、明日からはすべて1人で行動することになります。まぁ、いつものことなので不安なわけではないですが、やっぱりちょっと淋しいかな。
共感できる仲間がいたほうが、“楽しい時間がより楽しく”なりますからね。